1年生議員でもわかる議員間討議のススメ方

HOME < 目次 < 5.自由討議の極意





◆ 自由討議の実益とは(極意)

自由討議を活用することにより、以下のような実益を得ることができる。

①論点や争点が明らかになり、他の議員を説得しやすくなる。

→まず、議員同士で論点を整理するため、その争点が明らかになってくる。争点がどこにあるのか理解できれば、その争点を中心に質疑ができ、自由討議における発言材料に使える。また、採決に向けて他の議員の判断材料にもなる。


②意見が分かれたとしても、執行部に対して、委員会の提言としてまとめることができる。

→自由討議において、争点を掘り下げていくと、互いの争点となっているその根拠が浮かび上がってくる。それを元に合意できる点が見えてくる。(第2章参照)


③議案の賛否では負けたとしても、附帯決議を勝ち取ることができる。

→自由討議において、賛否の情勢をみながら、少数派で負けそうな場合、ある程度議論を行った後、その議論が平行線をたどる前に、妥協できる点を見つけ、附帯決議を提案し、勝ち取ることもできる。(第2章参照)




<< 目次 >>

0.はじめに~この冊子の目的~


第1章 自由討議ってなんだ?(自由討議の極意)

1.自由討議で何ができる?~自由討議は議員に対して有効だ~
2.なぜ自由討議が必要なのか?
3.もし自由討議がなければ、住民にどう説明するのか
4.自由討議のポイント~基本フレーム~
5.自由討議の極意
6.委員会審査に自由討議~議案審査を重視~
7.論点整理の導入(重要)
8.委員会報告書で説明責任を果たす(重要)
9.第1章のまとめ、自由討議を有効に活用しよう!



第2章 自由討議を活用しよう(自由討議の実例)

10.自由討議の失敗例①~合意形成を図ろうとしない~
11.自由討議の失敗例②~自分の意見しか言わない~
12.自由討議の失敗例③~自由討議を活用しきれなかった~
13.自由討議の成功例①~委員長として合意点をまとめる~
14.自由討議の成功例②~委員長として提言をまとめる~
15.自由討議の成功例③~自由討議で賛同を得る~
16.自由討議の活用方法①~多数決で負けそうな時、あなたはどうしますか~
17.自由討議の活用方法②~多数決で負けそうな時、あなたはどうしますか~
18.自由討議の成功例④~多数決で負けても附帯決議を勝ち取る~



第3章 自由討議を導入しよう(自由討議の簡単導入方法)

19.自由討議のススメ方~議案審査に力を入れる~
20.議案審査のススメ方(全体の流れ)~自由討議の導入のポイント~
21.議案審査のススメ方(1日目)~議案説明→資料要求→論点整理~
22.議案審査のススメ方(2日目)~質疑→自由討議→討論→採決~
23.議案審査のススメ方(3日目) ~委員会報告書協議→決定~
24.委員長のリーダーシップ①~合意形成には委員長の役割が最重要~
25.委員長のリーダーシップ②~良い意見は委員会の提言に~
26.自由討議のルール化~対象は全議案~
27.自由討議と会派制
28.少数意見が議会の議論や審査に反映されないのでは?
29.人格をもつ議会として
30.自由討議を機能させるために~私の思い~