1年生議員でもわかる議員間討議のススメ方

HOME < 目次 < 1.自由討議で何ができる?~自由討議は議員に対して有効だ~





◆自由討議を行えば…

①従来の議会は、首長が提案した議案に対し、各議員が質疑を行い、言いたい事を言って終わってしまっている。

②しかし、これでは議員の中から素晴らしい提案や意見が出たとしても、議員間で議論を行い、まとめていく作業を行わない限り、いつまでたっても政策の決定は、首長が行う事になる。議員の意見を拾い上げるのも首長になっている。

③一方、公開の場で自由討議を行い、議会として一定の意見を集約する事ができれば、議員からの政策提案の採否を首長が決めてしまう事は起こらないのである。

④特に賛否が分かれる場合は、自由討議中に意見交換や反論が行われ、争点が明らかになってくる。

⑤さらに議論を深めていくと、争点となっている根拠が見えてくる。その根拠となっている部分をまとめていく事によって、合意形成を図る事ができる。

⑥また、賛否が分かれていない場合でも、素晴らしい提案がなされた時、合意形成ができれば、委員会としての意見となりうる。



◆具体的に何ができるのか

①素晴らしい提案があった場合、議員個人の意見として終わらせるのではなく、委員会の提言としてまとめ、執行機関に提案する事ができる。

②賛否が分かれる議案でも、合意形成を図る事によって、執行機関
を動かすだけの委員会としての提言をまとめる事ができる。

③議案の賛否としては少数派だったとしても、附帯決議で意見を入れる事ができる。

④少数意見だとしても、合意できる点は、委員会としての提言や附帯決議として、執行機関へ注文をつける事ができる。




<< 目次 >>

0.はじめに~この冊子の目的~


第1章 自由討議ってなんだ?(自由討議の極意)

1.自由討議で何ができる?~自由討議は議員に対して有効だ~
2.なぜ自由討議が必要なのか?
3.もし自由討議がなければ、住民にどう説明するのか
4.自由討議のポイント~基本フレーム~
5.自由討議の極意
6.委員会審査に自由討議~議案審査を重視~
7.論点整理の導入(重要)
8.委員会報告書で説明責任を果たす(重要)
9.第1章のまとめ、自由討議を有効に活用しよう!



第2章 自由討議を活用しよう(自由討議の実例)

10.自由討議の失敗例①~合意形成を図ろうとしない~
11.自由討議の失敗例②~自分の意見しか言わない~
12.自由討議の失敗例③~自由討議を活用しきれなかった~
13.自由討議の成功例①~委員長として合意点をまとめる~
14.自由討議の成功例②~委員長として提言をまとめる~
15.自由討議の成功例③~自由討議で賛同を得る~
16.自由討議の活用方法①~多数決で負けそうな時、あなたはどうしますか~
17.自由討議の活用方法②~多数決で負けそうな時、あなたはどうしますか~
18.自由討議の成功例④~多数決で負けても附帯決議を勝ち取る~



第3章 自由討議を導入しよう(自由討議の簡単導入方法)

19.自由討議のススメ方~議案審査に力を入れる~
20.議案審査のススメ方(全体の流れ)~自由討議の導入のポイント~
21.議案審査のススメ方(1日目)~議案説明→資料要求→論点整理~
22.議案審査のススメ方(2日目)~質疑→自由討議→討論→採決~
23.議案審査のススメ方(3日目) ~委員会報告書協議→決定~
24.委員長のリーダーシップ①~合意形成には委員長の役割が最重要~
25.委員長のリーダーシップ②~良い意見は委員会の提言に~
26.自由討議のルール化~対象は全議案~
27.自由討議と会派制
28.少数意見が議会の議論や審査に反映されないのでは?
29.人格をもつ議会として
30.自由討議を機能させるために~私の思い~