1年生議員でもわかる議員間討議のススメ方


<< 目的 >>


なぜ、「議員間討議」に関して、まとめようと思ったのか。

◆1.議会改革の中で「議員間討議」の実施が、大きな課題の1つになっているから。

→ 議会改革の項目の中で、実施の困難さを強く感じているものの1つが「議員間討議」です。特に「議員間討議」は、なぜ必要なのか、何ができるのかがイメージできない、という声をよく聞きます。また議案に関して、行政に質疑を行う必要性なら理解できるが、なぜ議員同士で討議する必要があるのか分からない、と言った声もあります。

この冊子では、これらの疑問を解決するため、
・議会の本来の仕事とは
・「議員間討議」を行えば何ができるのか
・議決責任(説明責任)とは
・合議制の機関であるからこそ、合意形成を図る など
を分かりやすくまとめています。


◆2.宝塚市議会では、「議員間討議」をルール化しています。それを上手に活用すれば、色々な成果を得る事ができます。そこで、私が実際に得られた成果を紹介し、「議員間討議」で何ができるのかを知って欲しかったから。

→ 宝塚市議会では、議会基本条例に則り、議案審査において「議員間討議」を行っています。そのポイントの1つが、ルール化です。それは、全ての議案に対して論点を整理し、「議員間討議」を行うことです。つまり、嫌でも議員間で討議する仕組みを作っているのです。

実際に「議員間討議」によって、得られた成果を以下に示します。
①素晴らしい提案があった場合、議員個人の意見として終わらせるのではなく、委員会の提言としてまとめ、執行機関に提案する事ができます。(全会一致の議案であっても委員会の提言として注文を付けたりできます。)
②賛否が分かれる議案でも、合意形成を図る事によって、執行機関を動かすだけの委員会としての提言をまとめる事ができます。
③少数意見だとしても、合意できる点は、委員会としての提言や附帯決議として、執行機関へ注文をつける事ができます。


◆3.他の議会でも「議員間討議」を導入し、有効に活用して欲しいから。

→ この冊子の第3章に、議案審査における「議員間討議」の流れを掲載しています。この章を読めば、「議員間討議」の導入方法が分かります。
例えば、そのポイントとは、
・論点整理の導入
・住民への説明責任を果たすための委員会報告書
・「議員間討議」のルール化
・委員長のリーダーシップ など
です。


 最後に、この冊子を通じて、実益のある「議員間討議」が多くの議会で実施され、その地域の住民福祉が向上する事を切に願っています。
また「議員間討議」は、議員に対しても有効であり、より一層実用される事を望んでいます。




<< 目次 >>

0.はじめに~この冊子の目的~



第1章 自由討議ってなんだ?(自由討議の極意)

1.自由討議で何ができる?~自由討議は議員に対して有効だ~
2.なぜ自由討議が必要なのか?
3.もし自由討議がなければ、住民にどう説明するのか
4.自由討議のポイント~基本フレーム~
5.自由討議の極意
6.委員会審査に自由討議~議案審査を重視~
7.論点整理の導入(重要)
8.委員会報告書で説明責任を果たす(重要)
9.第1章のまとめ、自由討議を有効に活用しよう!



第2章 自由討議を活用しよう(自由討議の実例)

10.自由討議の失敗例①~合意形成を図ろうとしない~
11.自由討議の失敗例②~自分の意見しか言わない~
12.自由討議の失敗例③~自由討議を活用しきれなかった~
13.自由討議の成功例①~委員長として合意点をまとめる~
14.自由討議の成功例②~委員長として提言をまとめる~
15.自由討議の成功例③~自由討議で賛同を得る~
16.自由討議の活用方法①~多数決で負けそうな時、あなたはどうしますか~
17.自由討議の活用方法②~多数決で負けそうな時、あなたはどうしますか~
18.自由討議の成功例④~多数決で負けても附帯決議を勝ち取る~



第3章 自由討議を導入しよう(自由討議の簡単導入方法)

19.自由討議のススメ方~議案審査に力を入れる~
20.議案審査のススメ方(全体の流れ)~自由討議の導入のポイント~
21.議案審査のススメ方(1日目)~議案説明→資料要求→論点整理~
22.議案審査のススメ方(2日目)~質疑→自由討議→討論→採決~
23.議案審査のススメ方(3日目) ~委員会報告書協議→決定~
24.委員長のリーダーシップ①~合意形成には委員長の役割が最重要~
25.委員長のリーダーシップ②~良い意見は委員会の提言に~
26.自由討議のルール化~対象は全議案~
27.自由討議と会派制
28.少数意見が議会の議論や審査に反映されないのでは?
29.人格をもつ議会として
30.自由討議を機能させるために~私の思い~



参考文献


冊子のダウンロード
1年生議員でもわかる議員間討議のススメ方


ご意見・ご要望、貴市の議員間討議の状況など、ご連絡下さい!
お問い合わせは、こちらから